NEWS & TOPICS

事務局からのお知らせ 2018年12月21日 大学ネットワークふくおか

今週のお出かけ情報

福岡副都心クリスマスマーケット

12月20日(木曜日)から12月25日(火曜日)平日:午後4時から午後10時、土日祝:午後1時から午後10時【西鉄大橋駅前、西鉄香椎駅前】

博多や天神で開催され、冬の風物詩となりつつある福岡のクリスマスマーケットを、大橋駅前、西鉄香椎駅前でも開催します。本場クリスマスマーケットをイメージしたヒュッテ(山小屋)風の販売ブースやイルミネーション、雑貨、温かいフードやドリンクなど、お楽しみがいっぱいです。

場所 西鉄大橋駅西口広場(南区)、西鉄香椎駅東口広場(東区)
関連リンク 福岡・博多の観光情報が満載!福岡市公式シティガイド「よかなび」ホームページ

冬休みこども博物館 福岡市博物館

12月22日(土曜日)午前10時から正午、午後1時30分から午後3時

金印は、私達が普段つかっている印鑑のようにインクを付けて紙に押して使うものではありませんでした。どうやって使われていたのでしょうか。福岡市博物館自慢の精工な金印レプリカを使って、国宝金印の真の使い方、「封泥」を実際に体験できるワークショップを開催します。この機会に金印の使い方を体験して、歴史をより身近に感じてみてください。隠れた人気メニュー、「金印紙ふうせん」も同時開催します。

対象は6歳以上。参加無料。事前申し込み不要。定員は100名限定です。

場所 福岡市博物館 グランドホール1階(早良区百道浜3-1-1)
関連リンク 福岡市博物館ホームページ 

福岡市史講演会

福岡市史講演会「活字文化の過去・現在・未来―金属活字からデジタルフォントまで―」
12月22日(土曜日)午後1時30分から午後4時30分(開場は午後0時30分)

本をつくるために必要不可欠な「活字」は、技術の進歩につれて、鋳造活字、写植、デジタルフォントへと推移してきました。この足跡を振り返りつつ、これからの活字と印刷文化について考えます。

「明治の新聞と活字」<講師:大串誠寿氏(芸術工学博士・芸術工学会会員)>、「文字こぼれ話」<講師:野口 勝氏(株式会社モトヤ 大阪本社 技術部)>、「文字をつくる」<講師 藤田重信氏(フォントワークス株式会社 フォントデザイナー)>と、座談会「活字印刷は死んだのか?」を行います。座談会出席者は、大串誠寿氏、野口 勝氏、藤田重信氏、藤村興晴氏(忘羊社代表・編集者)、>大井 実氏(ブックスキューブリック 店主)です。座談会の司会は、有馬 学(福岡市史編集委員会委員長・福岡市博物館長)です。

参加無料。事前申し込み不要。定員は240名です。

場所 福岡市博物館 講堂(早良区百道浜3-1-1)
関連リンク 第14回福岡市史講演会「活字文化の過去・現在・未来」を開催します 

福岡市動物園

12月22日(土曜日)午前11時からサル山(ゆず湯)、午後1時30分からツキノワグマ(かぼちゃ)、午後2時からサル山(かぼちゃ)
冬至は「ゆず湯」と「かぼちゃ」をプレゼント!

12月22日は二十四節気のひとつ「冬至」です。冬至といえば「ゆず湯」と「かぼちゃ」。サル山の露天風呂に「ゆず」を浮かべて「ゆず湯」にして,ニホンザルに楽しんでもらいます。ツキノワグマの「ゲンキ」(オス)と「ハナコ」(メス)に,「かぼちゃ」をプレゼントします。また,サル山のニホンザルたちにも、小さくカットした「かぼちゃ」をお客さまからプレゼントしてもらいます。

入園料は、大人600円、高校生300円、中学生以下無料。

場所 福岡市動物園 サル山、ツキノワグマ舎(中央区南公園1-1)
関連リンク 福岡市動物園ホームページ

海づり公園 クリスマスプレゼント抽選会

12月22日(土曜日)から12月24日(月曜日・振休)

毎年大好評のクリスマスプレゼント抽選会を今年も開催します。3日間限定イベントです!この機会にご友人やご家族と,抽選会と釣りを楽しむクリスマスを過ごしてみませんか。対象は、釣台利用者の小中学生。定員は各日先着50名です。

賞品は、1等(各日1本)が、1年間(1月から12月)釣台利用無料券(小人)と真鯛釣り、2等(各日3本)は、半年間(1月から6月)釣台利用無料券(小人)と唐泊恵比須かき1キロ、3等(各日16本)は、1か月間(1月)釣台利用無料券(小人)とサビキ針2個、残念賞は魚ろっけ,ポテトフライ等です。

場所 福岡市海づり公園(福岡市西区大字小田字池ノ浦地先)
関連リンク 海づり公園 クリスマスプレゼント抽選会

動物たちとメリークリスマス 福岡市動物園

12月23日(日曜日)24日(月曜日・振休)

12月23日と24日の2日間,福岡市動物園では様々なクリスマスイベントを行います。リンゴを食べる立ち姿が大人気のレッサーパンダのメスの「マリモ」とおっとりした性格が人気のオスの「ノゾム」の「リンゴタイム X’masバージョン」や、「今年も出会えればラッキー!ヘビサンタが登場」も。金白色のビルマニシキヘビとサンタさんが園内のどこかにやってきます。また、コツメカワウソにも大好物のきびなごをプレゼントしたり、チンパンジーへのクリスマスプレゼント大作戦など。詳しい日程、時間については関連リンクをご覧ください。

入園料は、大人600円、高校生300円、中学生以下無料。