NEWS & TOPICS

イベント情報 2018年12月06日 大学ネットワークふくおか

今週末のおでかけ情報

人権を尊重する市民の集い<早良区会場>

12月7日(金曜日)午後1時30分から午後4時(午後1時開場)

福岡市人権尊重推進委員会では,「人権が真に尊重され,差別のない住みよい福岡市」の実現をめざし,昭和47年度から「福岡市人権週間(12月4日から10日)」に地域の実践報告及び講演会を開催しています。

早良区では、実践報告『「多様な性の取り組み」をはじめて』、作家ドリアン助川さんの講演会「それでも生きる意味はある ~ハンセン病小説『あん』で伝えたかったこと~」を行います。

参加無料、事前申し込み不要、定員は先着500人です。

場所 早良市民センター ホール(早良区百道2-2-1)
関連リンク 第47回福岡市人権尊重週間「人権を尊重する市民の集い」を開催します(ご案内)(早良区) 

もったいない!食べ残しをなくそう福岡エコ運動

もったいない!食べ残しをなくそう福岡エコ運動 忘年会も食べ残しゼロ!街頭キャンペーン
12月7日(金曜日)午前8時30分から午前9時

福岡市では、宴会・外食の食べ残しをなくす「もったいない!食べ残しをなくそう福岡エコ運動」を実施しています。忘年会が増えるシーズンに合わせて、街頭キャンペーンを行います。通勤中の皆さまに、食べ残しゼロの協力を呼びかけます。

フライデー・ナイト・トレイン

フライデー・ナイト・トレイン 12月の金曜日の夜は臨時列車を運行します 福岡市地下鉄
12月7日(金曜日)、12月14日(金曜日)、12月21日(金曜日)、12月28日(金曜日)

例年12月の金曜日の最終列車は、ラッシュ時並みの混雑状況です。福岡市地下鉄では、12月の金曜日の夜、増便し、終電時間を約30分延長する臨時列車『フライデー・ナイト・トレイン』を運行します。運行時刻については福岡市地下鉄ホームページをご覧ください。
関連リンク 福岡市地下鉄ホームページ 

タイフェスティバル・天神

12月7日(金曜日)、12月8日(土曜日)正午から午後6時

新天町商店街商業協同組合が国家戦略特区認定を受けて初のイベント「タイフェスティバル・天神」を開催します!

場所 新天町メルヘン広場(天神15号線)(中央区天神)
関連リンク 11月22日付・報道発表資料PDF

長浜鮮魚市場 市民感謝デー

普段は鮮魚店などの買出人しか入れない市場の一部を市民の皆さまに開放し、お買い物をお楽しみいただけます。今回は特別イベントがあります。まずは、大分県下入津かぼすヒラメ組合が「かぼすヒラメ」のPRのため,刺身の試食コーナーを設けます。また、高知県から高知県産魚のPRのため試食・販売コーナーを設けます。いずれも、試食はなくなり次第終了です。

そのほか、毎回人気の「本マグロの解体ショー・即売」や「お魚さばき方実演(試食もあります!)~さばき方が体験できる~」「お魚ふれあいコーナー」などイベント盛りだくさんです。

12月を迎えると,壱岐・対馬や五島などの九州近海の魚に脂がのって美味しくなります。特にサバ,ブリ,アラ,アンコウなどの魚介類は最高です。天候(時化)により魚が少ない場合もありますので、予めご了承ください。

「すばらしき あいまいな世界」福岡公演

「すばらしき あいまいな世界」福岡公演 プロジェクト大山2018年新作ツアー
2月8日(土曜日)午後4時開演、12月9日(日曜日)午後2時開演(開演30分前に開場)

NHK Eテレ「みいつけた!」のダツイージョ役でお馴染み!の古家優里さんが率いるダンス集団「プロジェクト大山」が、愉快で楽しいダンス公演「すばらしき あいまいな世界」を行います。奇抜でもどこか親しめる衣裳にユーモラスな振付、そして豊かな表情が特徴のダンスは、一度観たら忘れられない衝撃必至!当日券は3500円です。

場所 福岡市科学館 サイエンスホール(中央区六本松4-2-1
関連リンク プロジェクト大山福岡公演 特設サイト 

福岡市子ども読書フォーラム ~あそびにおいで本の森~

12月8日(土曜日)午前11時から午後4時

ボランティアや保育士、中学生による絵本の読み聞かせや、お父さんのおはなし会、クイズやパズル、音楽劇、工作体験など親子で本を楽しめる催しが盛りだくさんです。参加無料、事前申し込み不要、出入り自由です。

場所 福岡市男女共同参画推進センター・アミカス(南区高宮3-3-1)
関連リンク 福岡市子ども読書フォーラム ~あそびにおいで本の森~ 

バードウォッチング in 和白干潟

12月8日(土曜日)午前10時から正午(受け付けは午前9時50分から)

中央アジア・シベリヤなど遠い北国から、和白干潟に飛来してくる冬の渡り鳥を楽しく観察しましょう。参加無料。事前申込不要、小学生以下は保護者同伴でご参加ください。雨天中止。

集合場所 東区和白4丁目海岸・和白干潟(海の広場)(東区和白4)
関連リンク 「バードウォッチング in 和白干潟 2018」を開催します! 

ウィンタースポーツフェスタ2018

12月8日(土曜日)午前9時から午後6時

アイススケートやフィギュアスケートの体験教室や、氷上での「宝探しゲーム」「障害物競走」「雪合戦」などを行います。また、フィギュアスケートやアイスホッケーのエキシビジョンもあります(スペシャルゲスト来場予定!)。ウィンタースポーツの楽しさを体感してみませんか。入場無料、事前申し込み不要。但し、滑走される場合は、1名ににつき滑走料100円、貸スケート靴代400円が必要になります。手袋も着用ください。

場所 パピオアイスアリーナ(博多区千代1-5-30)
関連リンク 福岡市スポーツ協会ホームページ 

くらし・事業なんでも相談会

12月8日(土曜日)午前10時から午後4時(受付は15時30分まで)

司法書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・行政書士・社会保険労務士・弁理士・中小企業診断士・弁護士・公認会計士・税理士の10の専門職のアドバイスを同時に受けられます。当日は,不動産全般,金融・金銭トラブル,相続・遺言・贈与,税金,家庭問題,年金・社会保険,高齢者・障がい者各種相談,労働問題,経営・会計,国籍・在留資格,セクハラ,パワハラ,DV,その他行政手続き,各種登記手続き,法律一般なんでもお尋ねください。相談無料。事前申し込み不要。当日会場で受付。定員100名。
場所 福岡市健康づくりサポートセンター「あいれふ」 10階講堂(中央区舞鶴2-5-1
関連リンク くらし・事業なんでも相談会 

医療事故110番(電話相談受付)

12月8日(土曜日)午前10時から午後3時

ご自身やご家族の医療に関して,事故ではなかったかという疑問をお持ちの方を対象に、弁護士が常時待機し,電話での相談受付に応じます。この電話では,事案の概要のみをお伺いし,詳細は後日無料の面談相談を設定させていただきます。無料。
 
関連リンク 医療事故110番(電話相談受付)の開催について 

青春の光芒-矢山哲治と文芸雑誌「こをろ」

ギャラリートーク(学芸員による展示解説) 福岡市文学館企画展「青春の光芒-矢山哲治と文芸雑誌「こをろ」」
12月8日(土曜日)午後2時から午後2時30分

昭和14年から19年にかけて福岡で二十代の若者たちによって発行された伝説の文芸雑誌「こをろ」。グループの中心的な存在であった夭逝の詩人・矢山哲治と、戦時下の困難な時代を駆け抜けた若者たちの青春群像を紹介する企画展を開催中の福岡市総合図書館で、展覧会の見どころを学芸員がご紹介します。観覧無料。

障がい者週間記念の集い

12月9日(日曜日)午前11時から午後4時

障がいへの理解と関心を深め、障がいのある人に社会参加の意欲を高めてもらうため「障がい者週間記念の集い~障がいへの理解を深めるために~」を開催します。クリスマスイベント「TENJIN Christmas Market(天神クリスマスマーケット)」(主催:WeLove 天神協議会)と連携しての開催です。屋根飾りや電飾などに彩られた暖かい雰囲気の中、ステージイベントや障がい者施設商品の販売など誰でも参加できるイベントとなっています。入場無料。

ステージイベント(手話通訳・要約筆記あり)では、障がい当事者によるトークリレー「福岡市障がい者差別解消条例施行に向けて」や障がいのある人のファッションショー、シンガーソングライターの樋口了一さんのトーク&ライブなどを行います。また、たくさんの障がい者施設が出店し、お菓子や雑貨などを販売します。

場所 福岡市役所西側ふれあい広場、市役所1階多目的スペース(雨天時)(中央区天神1-8-1
関連リンク 12月9日(日曜日)は福岡市役所西側ふれあい広場へ。「障がい者週間記念の集い」を開催します 

映画上映

映画上映『こんにちはシネラです―福岡市総合図書館収蔵の名作アジア映画を届けます―』
12月9日(日曜日)午前11時から/午後2時から

福岡アジア美術館で開催中の「闇に刻む光―アジアの木版画運動 1930s-2010s」展の協力企画として、福岡市総合図書館収蔵の名作アジア映画を上映します。午前11時からは「浄土アニャン」(韓国、2010年、日本語・英語字幕付き)を上映。午後2時からは「クルドサック」(インドネシア、1998年、日本語・英語字幕付き)を上映します。観覧料は、各回とも大人500円、高大生400円、小中生300円。定員120名)。各回入替制。チケットはすべて当日券。前売り券はありません。当該展覧会チケットの半券提示で、観覧料250円で2作品鑑賞できます。
場所 福岡アジア美術館 あじびホール(博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル8階
関連リンク 12月9日(日曜日)は福岡市役所西側ふれあい広場へ。「障がい者週間記念の集い」を開催します 

拉致問題啓発パネル展

12月10日(月曜日)から12月14日(金曜日)

12月10日(月曜日)から16日(日曜日)は、「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。福岡市は毎年,啓発週間にあわせて,講演会やパネル展を開催しています。
場所 福岡市役所 1階市民ロビー(中央区天神1-8-1
関連リンク 12月3日付・報道発表資料PDF
北朝鮮当局による拉致問題

初めてのLGBT~辛さが2倍なら楽しさも2倍~

人権啓発センター&福岡大学共同企画で講演会「初めてのLGBT~辛さが2倍なら楽しさも2倍~」
12月12日(水曜日)午後4時20分から午後5時50分

福岡大学教授・野口徹氏、福岡大学の学生のみなさんにご協力いただき、福岡市人権啓発センターと福岡大学共同企画で講演会を実施します!講師は、株式会社ニューキャンバス代表取締役・杉山文野氏です。大学の講義室で、次代を担う学生たちとともに,性的マイノリティの人権について考えます。無料、事前申し込み不要、定員は当日先着260名。

第28回福岡市都市景観賞 展覧会

~12月11日(火曜日)午前10時から午後8時

今年の福岡市都市景観賞の「大賞」「部門賞」を決定しました。市民の皆さんの投票によって決まる「市民賞」は「平尾保育園」が受賞しました。

受賞した6作品をはじめ、市民投票の対象となった作品のパネルを展示します。

場所 福岡アジア美術館 アートカフェ(7階)(博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階
関連リンク 福岡市都市景観賞

グリッピのクリスマス アイランドシティ中央公園

~12月24日(月曜日・振休)午前9時から午後5時

アイランドシティ中央公園の体験学習施設「ぐりんぐりん」が、クリスマス風に装飾されます。グリッピサンタやイルミネーションをお楽しみください。ぐりんぐりん入館料は、15歳以上100円、4歳以上50円、3歳以下無料。

ちなみに、ぐりんぐりんは、建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞受賞の伊東豊雄さんの設計です。

場所 アイランドシティ中央公園ぐりんぐりん中央ブロック(東区香椎照葉4
関連リンク グリッピのクリスマス(アイランドシティ中央公園ホームページ)

ステンドグラス風ひっかき絵作り

クリスマス期間限定「ステンドグラス風ひっかき絵作り」 アイランドシティ中央公園
~12月24日(月曜日・振休)午前10時から午後4時※ぐりんぐりん休館日(火曜)を除く

黒い板をひっかいて、色をつけ、ステンドグラス風の絵(A4版)を作りましょう。完成した作品はお持ち帰りできます。参加無料(入館料別。ぐりんぐりん入館料は、15歳以上100円、4歳以上50円、3歳以下無料)

ちなみに、アイランドシティ中央公園の体験学習施設「ぐりんぐりん」は、建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞受賞の伊東豊雄さんの設計です。

場所 アイランドシティ中央公園ぐりんぐりん中央ブロック(東区香椎照葉4
関連リンク ステンドグラス風ひっかき絵作りませんか(アイランドシティ中央公園ホームページ)

インド映画特集 映像ホール・シネラ

~12月24日(月曜日・振休)※休館日・休映日除く

福岡市総合図書館収蔵のインド映画を上映します。上映作品は、「神の戯れ」「詐欺師」「大地のうた」など。 観覧料は、大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円。定員制、各回入替。チケットはすべて当日券。前売り券はありません。

場所 福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ(早良区百道浜3-7-1
関連リンク 「映像ホール・シネラ」ホームページ

花と緑のまちかど写真展

~12月24日(月曜日・振休)開園時間は、午前9時から午後5時(入園は午後4時30分まで)

花や緑をテーマにした写真コンテストの入賞作品のうち福岡市植物園で撮影された作品を展示します。

入園料は、大人600円、高校生300円、中学生以下無料。

場所 福岡市植物園 緑の情報館1階(中央区小笹5-1-1
関連リンク 福岡市植物園ホームページ 

TENJIN Christmas Market 2018

~12月25日(火曜日)まで。平日:午後5時から午後10時,土日祝:正午から午後10時

クリスマスマーケットは、ドイツ発祥の伝統あるイベントです。本場さながらの「ヒュッテ」(ドイツ語で山小屋の意味)で、ヨーロッパから直輸入した雑貨や菓子を販売するほか、オリジナルマグカップ付きのホットワインなどさまざまな飲食も楽しめ、ステージでは音楽ライブ等のパフォーマンスが行われます。また、毎年話題を呼んでいる福岡クリスマスマーケット特製の博多人形が,今年はサンタクロースがプレゼントを持った2018年バージョンとして新しく生まれ変わりました。 12月6日(木曜日)午後6時から数量限定で販売されます。価格は2018円!

ももちブルーライトイルミネーション2018 福岡タワー

~12月25日(火曜日)まで 午後5時から午後11時まで

福岡タワー壁面に全長108メートルのクリスマスツリーイルミネーションが点灯し、緑、白、金、赤、紫の5色に変化します。時おりサンタクロースも現れます。福岡タワー周辺の樹木もブルーのイルミネーションで彩られ幻想的な雰囲気に包まれます。

写真は、「福岡市の画像検索サイト まるごと福岡・博多」から「福岡タワーのクリスマスイルミネーション(2014)」。

場所 福岡タワー(早良区百道浜2-3-26
関連リンク 福岡タワーホームページ 

逸品紹介 Vol.48 雁又式鉄鏃(かりまたしきてつぞく)

プチ展示「逸品紹介 Vol.48 雁又式鉄鏃(かりまたしきてつぞく)」 福岡市埋蔵文化財センター
~2019年1月下旬までの予定 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分)※月曜休館

埋蔵文化財センターの玄関には,展示室とは別の小さな展示ケースがあります。その展示ケースでは福岡市内で出土した「逸品」を随時展示しています。今回は、元岡・桑原遺跡群(西区大字桑原)から出土した、奈良時代の弓矢の矢じりをご紹介します。

鉄鏃は矢の先端に取り付ける武器の一つで,弥生時代中期以降飛躍的に使用されました。時代の経過とともに様々な形状のものが増えていきます。形の違いは「貫通力」や「殺傷力」など武器としての効果を反映するもので,この資料のように先端のY字形が特徴的な雁又式の鉄鏃は「切断」の効果があったといわれています。ハート形の透かしをもつかわいい見た目とは裏腹に,殺傷能力が高かった可能性のある鉄鏃。恋のキューピットの矢,…なんていうかわいい代物ではなかったようです。

入館無料。どうぞご来館ください!