NEWS & TOPICS

事務局からのお知らせ 2018年10月31日 大学ネットワークふくおか

学生地域活動大賞結果発表

大学ネットワークふくおかが、地域・社会の中で、環境や福祉、まちづくりなどのボランティア活動を実践的に行っている大学生グループの活動を表彰する「学生地域活動大賞」。今年度は17チームの応募があり、一次審査を通過した10チームが、10月27日の二次審査に臨みました。

▼一次審査を通過した10チームと活動テーマ、タイトル
(かっこ内は、メンバー在籍大学。複数ある場合、代表者在籍大学を先頭に記載)

★島谷研究室(九州大学)
復興支援のボランティア~継続的な復興支援活動で地域を元気に~

★薬膳・食育ボランティア部(中村学園大学)
食に関するボランティア~知識を深め、食を通じて広がる地域の輪~

★LYKKE(筑紫女学園大学)
子ども支援~子どもに多彩な体験のプレゼントを~

★NPO法人まちづくりLAB(九州大学、筑紫女学園大学、福岡教育大学、福岡大学)
子ども福祉分野~子どもが安心して暮らせるまちづくり~

★WAN(九州大学、西南学院大学、福岡大学他)
地方創生支援事業~みんなの『やりたい!』を応援する

★福岡子ども支援学生連盟(九州大学、筑紫女学園大学、福岡大学)
子どもの健全育成を図る活動~子ども支援の現場と大学生を「繋ぐ」~

★ボランティアサークル葡萄(福岡女学院看護大学)
①在宅療養児とその家族支援 ②ホームレスと生活困窮者支援 ③熊本復興支援~笑顔あふれる社会を目指して~

★シスマネ新宮町プロジェクト(福岡工業大学)
情報通信技術(Information and Communication Technology: ICT)を活用した初等教育~ICTを通じた「学びの連携」

★九産大野生動植物研究会(九州産業大学)
地域の自然環境~地域の方々と一緒に自然環境を学ぶ~

★地域公共交通運行管理支援グループ(九州産業大学)
公共交通、情報科学

二次審査の結果、見事、受賞したのは以下のチームです。

◆最優秀賞
島谷研究室


◆優秀賞(4チーム)
筑紫女学園大学LYKKE
NPO法人まちづくりLAB
WAN
ボランティアサークル葡萄

(写真左から、ボランティアサークル葡萄、LIKKE、審査員の認定NPO法人ニコちゃんの会 副代表 山田 賢祐様、NPO法人まちづくりLAB、WAN)

▼発表チームのメンバーと審査員のみなさん



大学ネットワークふくおかは、今後も皆様の活動を応援していきます。