NEWS & TOPICS

事務局からのお知らせ 2017年03月26日 大学ネットワークふくおか

保護者向けコラム[vol.1]福岡の大学で学びが深まる!

大学選びが深まる
わが子の大学進学を考えたとき、保護者のみなさんが慎重になるのは当然のことです。子どもの希望する大学に進めてやりたいが、しっかりと学べる環境か?友だちにも恵まれて充実した大学生活を送れるか?考えはじめると親心からお子様以上に頭を悩ますことも。

そこで検討していただきたいのが福岡の大学。アジアの交流拠点都市・福岡市とその近隣には20以上の大学が密集し、それぞれに特色あるカリキュラムを有しているため、子どもが希望する進路に合った大学はもちろん、保護者のみなさんも安心できる大学が見つかります。

第一回は、福岡の大学のポテンシャルの高さをご案内いたします。
 
先進的な教育を実践、学びの選択肢が多い19大学

充実した交通網をはじめ、大型商業施設、美術館に代表される文化施設など、コンパクトな街に高度な都市機能を凝縮した福岡市は、人口増加数、若者率(※1)ともに政令指定都市で1位に挙げられるなど、九州はもとより全国でも発展著しい都市です。なかでも、大学生数の割合は京都市、東京都区部に次いで全国3位(※2)。福岡市は学生の街といっても過言ではありません。

九州をはじめ全国の受験生が福岡の大学を積極的に選ぶ理由は、自身の将来に有望な大学が数多く存在することにあります。その数は福岡都市圏に、国・公立法人、私立を合わせて20以上。しかも、文系、理系、芸術系はもちろん医学系など、大学の教育分野のほぼ全てを網羅し、各大学とも時代のニーズに呼応した独創的かつ先駆的なカリキュラムを展開しています。これにより、首都圏の大学と比較しても遜色のない先進的な教育を実現し、全国でも注目を浴び続けています。

旺盛なチャレンジ精神のもと、これまでの枠にとらわれない高度な教育を実践する福岡の大学。その多様性が、子どもの選択の自由度を大きく広げます。

全国屈指の留学生数、交流を通じて国際感覚が身につく

交流を通じて国際感覚が身につく
福岡市はアジアに最も近い都市として、学術、文化、経済などさまざまな面で日本とアジアをつなぐ役割を担うとともに、九州全体の経済活動や交流活動を支える重要な役割を果たしています。

こうした国際都市・福岡市ならではの潜在能力を核に、福岡の大学では、それぞれに留学・海外研修制度の充実を図るとともに、海外からの留学生の受け入れも積極的に推進。福岡市における留学生の人口は、全国でも屈指の数を誇っています。出身国も中国、韓国、アメリカ、フランスなどまさにワールドワイド。このため、各大学のキャンパスはひときわ国際色豊か。日本にいながらにして日常的にさまざまな国の学生たちと交流が持てることから、自然と国際感覚が身につく環境を叶えています。

進展する国際化に伴い、グローバルな視野と思考を備えた人材がより強く求められるいま、国際色豊かな環境で国際感覚と人間力を磨ける。福岡の大学が選ばれる理由はここにもあります。
 
単位互換制度の導入が、子どもの可能性が大きく高める

単位互換制度
より広い知識と深い見識を備えて、卒業後は社会の第一線で活躍する。それは、お子様の思いであるとともに保護者の願いです。そうした思いと願いに応えるひとつの施策として、福岡の大学では単位互換制度を率先して導入しています。単位互換制度とは、学生が所属する大学以外の大学の科目の履修による修得単位が、所属する大学の履修単位として認定されるものです。

それぞれ特色のある授業科目や他大学にはないユニークな授業科目が、単位互換制度で認定されるものとして提供されるため、「自分の大学にはない分野について学びたい」、「他大学の授業を受けることで見識を深めたい」と考える学生にとって格好の制度です。さらに、教育機会の多様化による学問の向上だけでなく、他大学の学生との交流を通じて人間性の研鑽はもちろん、将来に繋がる人脈作りになることから、子どもの可能性を大きく高めます。

<単位互換制度導入大学/平成27年12月現在>

九州産業大学/九州大学/西南学院大学/中村学園大学/日本赤十字九州国際看護大学/福岡教育大学/福岡国際大学/福岡歯科大学/福岡女子大学/福岡大学
 
優秀な人材を多数輩出、将来の途が広がる福岡の大学

優秀な人材を多数輩出
多様で高度な学びの場を提供する福岡の20大学は、優秀な人材を数多く輩出しています。とりわけ、創立一世紀を超える大学もあり、その永い歴史から九州はもとより全国の政財界でもOBたちが活躍。福岡人脈とも呼ぶべき繋がりを形成しています。

なかでも福岡の大学で特に注目されているのが、理工系の人材を多く送りだしている点。理工系学部の卒業生数は東京都に次いで全国2位(※3)を誇り、卒業生たちは技術立国・日本を支える人材として、国内はもちろん海外にもその活躍の場を広げています。

さらに、福岡市は国家戦略特区である「グローバル創業・雇用創出特区」に指定され、デジタルコンテンツ産業などを柱に、今後も堅調な経済発展が見込まれています。本社機能の一部を福岡市へ移転させる首都圏の大手企業も増え、人材の地元雇用の動きも活発化しています。
こうした状況の中、保護者のみなさんの大きな関心事である「卒業後の進路」でも、福岡の大学は優位性を発揮。各大学のきめ細かな就職支援も加わり、IT関連などの最先端の産業はもちろん、製造、工業、金融、サービスなど、お子様の希望に合った就職先を選びやすい環境を実現しています。

※3:全国学校データ研究所編「全国学校総覧(2014年版)」より集計


選択肢の自由度を広げる19以上の大学、国際色豊かなキャンパス、大学相互の垣根を越えた学びの取り組み、そして優秀な人材の輩出で高く評価される実績。福岡の大学は、九州はもちろん全国的に見ても優れた実力を備えています。また、他県から福岡の大学に進学する場合は、温暖な気候や物価の安さなどに裏打ちされた暮らしやすさも大きなメリットです。

お子様も、保護者のみなさんも、知るほどに納得。大学進学を考えるのなら福岡の大学を選びませんか。
お子様に合った大学を探してみませんか?