STUDENT's BLOG

大学自慢 2015年09月12日 福岡女子大学

それいけ!おもしろ理科実験教室

こんにちは!福岡女子大学4年のモモと申します!
大学では国際文理学部 環境科学科で化学を専攻しており、
4年生なので卒業研究に取り組む日々を送っています。

理系の大学生というと、
研究室にこもり黙々と研究を行うイメージがあるかもしれませんが、
実際はというと…そんなことはありません!!!

むしろ、中学や高校の時より
地域の方々や学校、企業、行政と関わるチャンスが増えたなと感じます。

今回はそんな例の1つとして、夏に実施した
「おもしろ理科実験教室」について書きたいと思います!

「おもしろ理科実験教室」とは、地域の小学生を大学に招き、
大学生と共に身近な事象の実験をすることで、理科により興味を持ってもらいたい!
という想いで福岡女子大学が開催したイベントです。

実験教室には、私を含めた女子大生6名の先生に対し、
小学生が17名来てくれました。



実験は、「夏祭りの光る棒はなぜ光るの?」、
「印刷物はどう印刷されているの?」など、
5つのテーマを設けて行いました。

私の担当は「夏祭りの光る棒はなぜ光るの?」という実験です。
みんなで光る仕組みについて考え、理論を理解した上で、
実際に光る棒を作ってみました。



子供たちは、自分の白衣姿や実験の様子を写真に撮り、
保護者の方々に見せると嬉しそうにしていたり、
夏休みの自由研究にすると張り切っていたり…。
とっても可愛いその様子に、大学生の私たちはメロメロでした(^^)



大学生は自分自身が学ぶだけではなく、
自分が学びを与える立場になることもあります。

そして、教える立場になって、初めて学ぶことも多くありました。

今回、理科に苦手意識を持っている小学生もいたのですが、
昔、理科が1番できなかった私だからこそ
伝えられることがあると実感しました。

それは、理科は公式などで難しく捉えるのではなく、
身近な現象を解き明かすための道具だと思うことです。
そう思えば実験が楽しくなり、
理科と仲良くなる一歩が踏み出せるということです。

実際に、始めは緊張している子や関心のなさそうな子たちも
みんな最後には
「たのしかったー!!!」と叫びながら、
いい笑顔を見せてくれました。

大学生は座って学ぶだけではない!!!!!!
絶対に!!!!!(^o^)

今回の実験教室で、今までやったことのない役割に挑戦したことで
そんなことを改めて実感しました。

また特に理系は、自分が今まで勉強してきた内容が
実社会の役に立てると実感できる場が多いと思います♪

私の場合は所属する研究室に、企業の方と協力して進めている研究があり
「私が勉強していることや実験が企業の役に立ち、
社会の仕組みとして取り入れられるんだー」と
感激したのを覚えています。

皆さんも、大学生になったらいろいろなことに挑戦し、
たくさんの人と関わってみてください。

きっと新しい世界が広がります。
私も来年からは社会人として、もっと挑戦していきます!
お互いに頑張りましょう!
皆さんの大学生活がより良いものになることを願っています♪