STUDENT's BLOG

大学自慢 2015年09月11日 西南学院大学

福岡は昔から面白い!

こんにちは!
西南学院大学の嘉悦です!

今回ワタクシめが書かせていただくのは授業のことなのです(>__<)

この文では面白さがミジンコほども伝わって来ないと思いますが、
僕はこの授業が大好きです!

とまあ、このように普段は教室に閉じこもりなのですが

が、
粋な先生の計らいで、博多周辺の寺社巡りが行われました!(≧∇≦)
粋!いよっ!博多っ子!好いとうよ!

90分の授業では回れるはずがないので、
授業のない土曜日に行われました!


(これが博多の古地図です。どこがどこだか、さっぱりですよね。)

櫛田神社や東長寺、聖福寺など
10ヶ所ほどを先生のステキで面白い解説と共に回りました。

東長寺では、地獄巡りをしました。

聖福寺は、日本で最初の禅寺で、
日本に戻ってきた栄西がここに建てたとされているお寺です。

なぜ最初かというと、当時だと船で行き来するので、
最初に訪れるのはもちろん港ですよね?
その港が福岡であったので、ここに建てたそうです。

そのことから福岡が港として栄えていたことがわかりますね!
すごいぞ!フクオカ!

ちなみに栄西かお茶の葉を中国から持って帰ってきて、
聖福寺に植えたのが今でも生えています!

日本茶の歴史はここで始まった! 

教科書は関東や関西のことばかり書いてあるので、
授業で深く福岡の歴史を学ぶことで、
このような地方の歴史を知ることができて良かったと思います。


最後の聖福寺を裏からでた後、何やら細い裏道を通っていると、
なんと先生が昔ながらの角打ちを紹介して下さりました(≧∇≦)

角打ちでその地に住んでいる人に、
福岡の街の移り変わりが聞けて有意義でした。
こういったフィールドワークもためになるなのだなあと思いました!



文系は座学だけのイメージがあるかもしれませんが、
このように実際にその地に足を傾けることもあります。
この経験がこの先の僕の糧になっていくのだと思います。

僕は福岡出身ではないのですが、大学から福岡に住み、
そして授業で福岡の歴史を知り、
今ではおそらく福岡出身の方よりも福岡通になっていると思います!

福岡の歴史は、さまざまな偉人が関係していることや、
由来・ストーリー、昔と今のつながりなどを知ることができて、
「人文地理学」は奥が深くて興味深いです。

福岡の歴史を知ってから、
福岡を第二の故郷にしたいくらいLove&Unityを感じることができました!

授業は後期も続くので、今の福岡に至るまでの歴史をもっと学んで、
福岡通に磨きをかけたいと思います(≧∇≦)


最後まで読んでくれた、あなた!
LOVE!ありがとう!いぇいいぇいいぇい!
(このネタがわかる人はいるのでしょうか…)